おいしい和朝食レシピ

Vol.36

ブリと里芋の煮付け-- 2009.12.23



buri2


みなさん
おはようございます。

実は、今回で最終回となるこの連載。
一度でもご覧になられた方、ありがとうございました。

さて、そんな最後となる和朝食レシピは、「ブリと里芋の煮付け」です!
すっかり冷え込んできたこの時期に、温かい煮物はおすすめです♪


材料
(調理時間10分)
  • ぶり………適宜
  • 里芋………適宜
  • 干ししいたけ………適宜
  • 醤油………適宜
  • 酒………適宜
  • 砂糖………適宜

作り方
buri1

1.まずは里芋の皮を剥きます。
たっぷりの水でお水から茹でます。
ある程度串が刺さるようになったら、火からおろして水に2、3分さらします。

2.戻しておいた干ししいたけを一口大に切ります。
ブリも一口大に切り、一度熱湯にくぐらせておきます。

3.お鍋にお水をはり、お砂糖を入れお好みの甘さにしたら
ブリ、しいたけ、里芋を入れて、甘さがなじんだらお醤油を入れ、お酒を入れて味を整えます。

4.味がしみ込んだら完成です!




さて、改めて今まで連載をご覧になってくださっていた皆さま、
ありがとうございました。

今後は、WEB上でのレシピご紹介から一歩踏み出しまして
直接皆さまにお会いしする、お料理教室などの展開をしていけたらと思っております。

お魚のさばき方教室や玉子焼き教室、
旬のお魚料理教室など、寿司屋ならではの教室を予定しております。
開催の際は朝時間.jpでもお知らせさせて頂く予定です!

こんな教室を希望します!など、
ご要望がありましたら、直接ご連絡もどうぞ!
sumeshiya@gmail.com


これからも朝ごはんをしっかり食べて、
健康的な朝型ライフを過ごしていきましょう~!

それでは、ありがとうございました。

今までありがとうございました。


HOMARY プロフィール
岡田大介さん
寿司職人
18歳から料理界に興味を持ち、寿司、割烹、懐石の日本料理店にて基本をしっかり身につける。特に職人技のすばらしさ、美味しさ、健康食の3つが融合された日本を代表する「寿司」に魅了され、 一から江戸前寿司を修行。独立の夢を実現すべく、週末に寿司ホームパーティや寿司イベントなどを独自に企画、その活動が好評を博し急激に口コミで広がり、寿司修行8年にて独立。2004年、自宅にて1日9名限定、完全予約の「酢飯屋」を開業。他、目の前で握る寿司出張サービスなども行う。寿司の素晴らしさを世界中に広める活動を展開し、たくさんの国々の方々との出会いから受ける刺激を心からおいしいと感動を与える「最高の寿司」「食の空間や時間」に掛け足して提供することを生きがいとしています。

    前の記事へ >>  

ブリと里芋の煮付け

生イクラの作り方 ~その3~

生イクラの作り方  ~その2~

生イクラの作り方  ~その1~




新着コンテンツ



広告掲載に関するお問い合わせ